2008年頃からNHKの受信解約や取消の相談カテに、出没し相談者にプレッシャーを掛けたり、動揺を与える書き込みを、生業とするプロの業者が回答して居るので御注意してください背中にバカの張り紙.jpg うすら笑うのは、ココまで、『ブラックリスト登録』するのを、お勧めします。
受信契約解約  リサイクル券について
NHKとの受信契約解約を検討する場合においてまず大切な事は、
① 『回答リクエスト停止中』の匿名回答者ジャミング   に惑わされない事
② 『地域スタッフ』や『NHKセンター』と呼ばれる   NHKトラブル処理業者の介入をさせない事

ポイント

  • NHKが視聴者との民事トラブルに、正式な委任状を交付した立花孝志氏や
  • 視聴者が正式に選任した代理人との交渉を拒否出来るのと同じく
  • 視聴者も『NHKメイト』や『NHK地域スタッフ』と呼ばれる契約歩合乞食との
  • 交渉や訪問応答を拒否出来るのと言う事になります。

受信契約解約は、『放送法』や『受信規約』(日本放送協会受信規約)第1条2項の『NHK放送を受信することのできる受信設備のうち、地上系による放送のみを受信できるテレビ受信機を使用できる状態したは地上契約、衛星テレビ放送を受信できるテレビ受信機を設置したは衛星契約を締結しなければならない』としかなっておらず解約時には『リサイクル券』(家電リサイクル券)と言われる書類の提示提出記載は、放送法』や『受信規約』どちらの条文を観ても記載は有りませんが、解約の過程で、『受信機の廃棄』のシーケンスを選ぶとリサイクル券』の提示や添付をしろ!と主張する回答者やNHK関係者が居るようですが、もし要求されたらみせて上げたら良いでしょう。それで解約ブロックが破れるならそれで良いのでは?
リサイクル費用
例えば、ソニー製品だと仮定します。(多少前後します)
『リサイクル券』を、自分で用意する場合は、最寄郵便局でゆうちょ銀行の振込手数料(ATM)  ¥80『リサイクル券』     (15in以下)1,785円               (16in以上)2,835を振込発券して貰いましょう。たった1,865円~2,915円で簡単に『リサイクル券』を取得出来ます。http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_procedure_p.html
最寄の郵便局検索http://map.japanpost.jp/pc/map.php?el=139.70397181082782&nl=35.68564480912629&scl=26000000
家の近くのリサイクル拠点を検索http://www.rkc.aeha.or.jp/text/s_place.html
神戸を例に取ると8か所あリますhttp://www.rkc.aeha.or.jp/text/pre_hyogo.html
廃棄するTVを持って、リサイクル拠点へ持ち込めば完了です。ここまで来たら、もう一息です。
最寄のNHK放送局営業センターhttp://www3.nhk.or.jp/toppage/zenkoku/NHK信者のsabotennetobasのお膝元を例に取るとHPの地図の兵庫県をclickすると、『神戸放送局』飛びます。左側の『アクセスマップ』電話番号と住所が確認出来ますのでストリートビュー』で場所と経路を確認しておきます。


後は、その『廃棄証明書』を提示してしまえば、職員をどんなに馬鹿にしようがオチョクロが、解約を拒否する事は出来ません。
受信契約に群がる乞食.jpg解約妨害の最後の奥義『ワンセグ視聴可能携帯』は、『カーナビ』は受信義務が有るのですと、最後の最後息絶える間際に、懐刀を振りかざして来る事を忘れては、いけません。受信契約時に携帯電話番号が、登録されて居ないなら、『私がワンセグ視聴可能携帯』をカーナビ』を持って居る証拠は?と証拠提示要求すれば、御臨終です。チン♪
注意
受信契約解約時に、注意しないといけないのは、B-CASカード番号言う個体識別番号を、採取されている方は、注意が必要です
だから私が『基本的な対抗方針』で唱えて居る様『濃厚接触』『余計な話をしない』『質問には答えない』『私物を見せない』ナイナイ運動を推奨しているのです。地上波契約者には関係ない事ですがネ
その場合は、無理にリサイクル券提示での『廃棄扱い』より、転売扱い』でリサイクル店等へ転売後、口が堅く信頼できる人買い戻してもらうなど他の作戦に変更するべき
解約方法は決して一つでは有りません。
日光の猿みたく『リサイクル券提示』に拘って居る回答者が居ますが消してそんな事は、ありません。
転売』『廃棄』『譲渡』『破損』『故障』などシチュエーションが有り、どの手順にも、アドバンテージもウイークポイント必ず有ります。必ずうまく行くだろう言う傲慢な気な持ちでの作戦立案は、致命的なミスを呼びます。必ず想定外の事が起こっても良いように、リカバリー策も考える慎重さが必要です。
その辺を良く検討して事前に綿密なシミュレーションで作戦遂行失策がないよう準備し、えげつないくらい合理的に仕留める事です。
作戦失敗の災厄時のシナリオとして、テレビを破壊』してでも、解約遂行する揺るぎのない強い意思が無いなら解約は中止』した方が良いでしょう。
そもそもが契約しなければ、こんな煩わしい思いをしないので済んだのです。恨むなら、貴方を陥れた地域スタッフ』を怨みましょう 
【イージスの盾】やられたらやり返す!100倍返しだ!【悪用禁止!】NHK下請け業者とのロジックバトル最強理論http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n197610最凶理論に、ゆるぎは無い!