「きりの映画好き」のきりさん(←駅員好き)の計らいで、大宮の鉄道博物館に行ってきました。 女性の参加メンバーは、よくBBS「くろがねむらけいじばん」でも情報をお寄せくださる、きりさん、アメリさん、そしてわたしです。   きり さんのブログ → ●  アメリさんのブログ → ● それだけでもすごいのですが、きりさんがわざわざ、解説者として車掌・駅員・運転士さんを手配してくださいました。おおお、制服じゃないと普通の人のよう!てんやで食べてから来られたみたいでした。てんや! なんか遠いところに行くような気がしたので、お弁当?を作ってみました。ジャムバナナサンド。これは美味しかったです。 実は、きりさんともアメリさんとも初対面で、顔も存じ上げてないくらいの勢いだったのですが、すぐに会えました。お二人ともブログのとおり、気配りのある、素敵な方々でした。寒~い雨風の日で、みんなデニム。気取らない集まりです。 ニューシャトルのホームにて。電車の色がかわいいですね。 こんなかわいい電車が、帰りは激・混みで、「大宮おそるべし」と驚きました。 最初に、閉塞について解説をしていただきました。 車掌さんが異様にかわいいです。 このあと、運転士のようにマスコンとブレーキを握るコーナーに行きました。同行した解説者の皆様によれば、台車には砂が入っているところがあり、足で踏むと砂が出てきてブレーキになる、といったような解説をしていただきました。砂~!というのに衝撃を受けました。いまでもあるのかしら。 あと、みんなでトレインシミュレイターに行きました。本職の運転士さんや駅員さんの運転はさすがに素晴らしかったです。ある方はホーム入線時に、「人身事故発生」とかつぶやいて、警笛をいっぱい鳴らしてくれました。鳴らさないと業務上過失致死になる・・・とかそんなお話もしてくださいました。 アメリさんがシミュレーターをしているとき、本職運転士さんがブレーキのかけ方とかいろいろアドバイスしていて、最後は本職さんの手がブレーキを握り・・・・くっくっくっ・・・とブレーキを上下して、電車はピッタリと停止位置に止まりました、すごい! 「右手をごらんください。」 てっぱくといえば、地味に働く黒い人々のことを忘れてはいけませんね。 鉄道から見れば、人間など脇役の黒い存在だと・・・・・人間なんて、鉄道を活かし、鉄道の引き立て役になるためのものだ・・・・といわんばかりの黒い人々!! でも、黒くない人もいて・・・・ 白い人だ~~!これは、お人形です! むかしの鉄道の屋根の上で、動いていました! ほんと、よくできているので、人がいるのかと思ってしまいました・・・・。 そして、てっぱくにおける、ベスト駅員は、この、模型の駅員さん。 駅員さんは、人形になるとほんとうにいいものですね。人形になるべく働いておられるような気さえします・・・・いいなあ。この模型をのぞきこんだわたしは、巨大な怪物に見えたかもしれませんね。わたしも、もっともっと小さくなって、この駅を利用したいなあ・・・・と思いました。 帰りは、きりさんとアメリさんとわたしで、ハワイ的なご飯をいただきました。わたしはグラタン。量は少ないですが、ものすごく油っぽくて、満腹に。 帰りはみんなでユニクロに寄ってお洋服をチェックしたりして、それもまた楽しかったです。 おみやげです。 運転席模様のエコバッグがとっても気に入っています。 ほんと、時間があっという間で楽しかったです。 駅員さんは素敵だなあと、そればかりで過ごしてきたこの10年くらいでしたが、鉄道そのものについても、その素晴らしさに気づくべきだなあと思いました。鉄道がある国に生まれて幸福なことなんだなあ。 こんなサイトをやって、もう10年以上ですが、サイトがきっかけで知り合って会う、のがうれしいことですね。ウェブサイト作っていてよかった。今回のてっぱくツアーをオーガナイズしてくださったきりさん、ほんとに話が面白くて楽しませてくれたアメリさん、そして鉄道員トリオの皆様、ありがとうございました。また逢いましょう~。 ♪